キャンセル
OK

You are here:

表面エレメントの取り付け


取付リム プロファイル

  • プロファイル スロットに表面エレメントを遊びなく取り付け
  • 厚さ 6 mm までの表面エレメント用
  • フレーム組立中の取り付け
  • 取付リム プロファイル PP をカバー プロファイルとして使用することもできます。

取付リム プロファイル、クリーン ルーム

  • プロファイル スロットに表面エレメントを遊びなく取り付け
  • 厚さ 2–8 mm の表面エレメント用
  • 表面エレメントの厚さにより、取付リム プロファイルの片側または両側が使用されます。
  • プロファイル フレーム組立中の取り付け
  • クリーン ルーム条件下での使用に適しています。

保護ペイン プロファイル、PVC

  • プロファイル スロットに表面エレメントを遊びなく取り付け
  • 厚さ 1.5–8 mm の表面エレメント用
  • 閉フレーム構造でのその後の取り付け用
  • スロット中心の表面エレメントの取り付け
  • 保護ペイン プロファイルは、ベーシック プロファイル (A) とクリップオン ストリップ (B) です。

保護ペイン プロファイル、クリーン ルーム

  • 遊びのない表面エレメントの取り付け用
  • 厚さ 2–8 mm の表面エレメント用
  • 閉フレーム構造でのその後の取り付け用
  • プロファイル エッジと同一面エレメントの設置
  • 保護ペイン プロファイルは、ベーシック プロファイルとクリップオン ストリップで構成されています。両方のプロファイルは、適切な機能を確実にするために必要です。

Variofix ブロック

  • 厚さ13 mmまでの表面エレメント用
  • 閉フレーム構造でのその後の取り付け用
  • 非対称形は、表面エレメントを 2つの異なる位置での固定を可能にします。
  • スナップイン クリップを使用したクランプ、またはスクエア ナット M6 (付属) およびネジ付きクランプ
  • ネジを表面エレメントに接続するための保持リング (機械指令 2006/42/EC)

Variofix ブロック S

  • 実質的にギャップのない表面エレメントの取り付け
  • 閉フレーム構造でのその後の取り付け用
  • 非対称設計とカバー キャップは、表面エレメントを異なる位置に取り付けることを可能にします。プロファイル エッジまたはプロファイルの前面と同一面に合わせます。
  • ネジを表面エレメントに接続するための保持リング (機械指令 2006/42/EC)

ブラケット S

  • 表面エレメントを実質的にギャップフリーにするためのネジ付きブラケット
  • 閉フレーム構造でのその後の取り付け用
  • 表面エレメントは、異なる位置に取り付けることができます。プロファイル エッジまたはプロファイルの前面と同一面に合わせます(センタリング ラグを外す)。

保持リング

  • 表面エレメントへの締付ネジを固定します。
  • すべての Variofix ブロックで使用しますが、S ブラケットでは使用しません。
  • 後付け可能
  • さまざまなネジサイズ

カバー ストリップ プロファイル

  • 標準的な板金ネジを使用して表面エレメントを固定するためのカバー ストリップ プロファイル
  • カバー ストリップ プロファイルをプロファイル スロットにクリッピング
  • 低コストの接続エレメント

ユニバーサル プレート

  • テーブルまたはフレーム上のトレイ、マテリアル シャトル、プライバシー シールドの構築用

電位イコライザー

  • 表面エレメントとストラット プロファイルとの間の定義された静電伝導を確立

保護グリル プロファイル

  • 金網グリルまたは表面エレメントのフレーム構築用
  • ワイヤー直径 3.1 mm までの金網グリル用
  • 厚さ 6 mm までの表面エレメント用
  • フレームのストラット プロファイルへのねじ込み (後の設置)
  • ストラット プロファイルまたはスライド ドア プロファイル Al 45 のスロットへのフレームの挿入

クランプ ブッシング

  • プロファイル スロットの金網グリル固定用
  • ワイヤー直径 3.1 mm までの金網グリル用
  • 8 mm および 10 mm スロットに最適
  • 低コストの接続エレメント
  • がたつきのない取り付け


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-02-13 11:41:47