環境

ボッシュ・レックスロス社と環境
Content

気候変動は、今日の人類が直面している 難題 の一つです。電力消費量を削減し、 CO2 排出量を低減させるため、世界各地の機械メーカーとユーザーはエネルギー効率に優れた機械・システムの開発に正面から取り組んでいます。

エネルギー効率化を目的とした汎用性の高い当社システム「レックスロス 4EEシステム」を用いて 機械メーカとユーザーをサポート しています。同システムには3つの目的があります:

  • エネルギー分野における当社のメーカー向けアドバイスの根幹をなします。
  • 機械のエンジニアリング部門向けに、 エネルギー効率に優れたソリューション を開発するために利用されます。
  • 当社製品自体を最適化します。

エネルギー源を組み合わせながら地球環境保護目標に合致するため、再生エネルギーの拡大に投資する国々は増え続けています。再生エネルギー分野でもレックスロスは 特別仕様のソリューション を提供します。1980年代より当社は風力タービン向け駆動装置を開発しており、風力エネルギープラントの発電能力が50倍近く増大したことに貢献しています。有望な海洋エネルギー分野では、波浪・海流・潮の干満を電気に変換する 発電機を開発 するため、全主要プラントメーカーと当社は共同作業をしています。

エネルギー効率に優れ、すぐ生産工程に取り掛かることができ、さまざまな技術を組み合わせたソリューション を、あらゆる産業の顧客向けに開発することは、当社の重要な責務の一つであると考えます。したがって研究開発費の大部分は、エネルギー効率に優れた製品・サービスの開発と供給に支出されています。