Japan

該当する地域を選択

Japan
 

可動式建築物

スタジアムと橋梁: ボッシュ レックスロスは可動式建築物を建造します

可動式建築物
 
 

現代の建築物には、数々の機能が求められています。例えば、スタジアムはサッカーの試合、コンサート、各種催事のために柔軟に使用できるものでなければならない、というように。

このような建築物は、環境に配慮すると同時に高い安全性やデザイン性といった要求を満たすことが重要です。ボッシュ レックスロスは、さまざまな建築工事における電気機械式や油圧式の制御・駆動システムにおいて長年の経験があります。

ボッシュ レックスロスは技術的なサポートはもちろん、計画階からの現地での作業にいたるまで、ビジネスパートナーへご提供します。また要望に応じて、ボッシュ レックスロスが事業の実施主体となることもできます。独サッカーチーム「シャルケ」のホームグラウンド 南側観客席は、ボッシュ レックスロスが可動式に変えた建造物の一例です。必要に応じて、油圧式駆動装置で観客席が可動できるため、スタジアムをを使用目的に合わせ柔軟に変更することが可能です。

マドリードのテニス競技場「カハ・マヒカ」では、ボタンを押すだけでテニスコート3面の天井が移動し、屋内アリーナに生まれ変わります。屋内アリーナは、コンサートやバスケットボール等他のスポーツ種目のために使用されます。そして、アムステルダムの「アレナ」では、シュトゥットガルト大学と協力して、ボッシュ レックスロスのソリューションにより可動式屋根が実現しました。また、研究開発分野ではボッシュ レックスロスは橋梁の振動低減にも寄与しています。

建造物の可動をお考えの際は、ボッシュ レックスロスが開発したシュミレーションで試すことができます。ボッシュ レックスロスのアプローチは、的確なソリューションを提供します。