Japan

該当する地域を選択

Japan
 

土木工学・インフラストラクチャー整備

橋梁を動かし、船舶を持ち上げ、水門を開閉:ボッシュ レックスロスのテクノロジーは、複雑な仕事を確実に実施します

- 国際的に認められたノウハウ
- オートメーション化ソリューションについての理解
- 大規模な建設工事のパートナー

土木工学・インフラストラクチャー整備
 
 

護岸工事・水力発電・水門建設、人類は何百年にもわたって水の力を利用することを試みてきました。それらの手法は、技術の進歩につれて常に進化しています。

さまざまな規模・性能に対応した土木ソリューション向けにボッシュ レックスロスは、国際的に認められたノウハウを積み重ねています。さまざまなオートメーション化技術のための数々の経験と深い理解をもとに、建築計画が確実に実施されるようサポートします。

再生エネルギー源からエネルギーを得ることの重要性はますます増しており、水力発電についても同様です。水力発電に設置されている水門はさまざまで、水量条件が極端であっても常に確実かつ故障なく作動することが要求されています。

橋梁は各地域と人々を結び、人と物の往来を容易にします。さらに、可動橋には特別の仕様が要求されます。可動橋は安全性と耐久性に富み、同時に可動性がなくてはなりません。ボッシュ レックスロスの油圧システムは、使用時の高い性能と安全性、耐久性、コンパクトで維持費が低く、かつ高い操作性を提供します。

ボッシュ レックスロスは世界中で300門以上の電動水門を建設し、中国・三峡ダムやパナマ運河の水門といった世界最大級の工事も実施してきました。このような大規模な建設工事でボッシュ レックスロスは、世界中の生産・開発ネットワークを活用し、現地の専門家と協力します。また、供用開始後はシステム・建造物の稼働率が高くなるよう、現地サービススタッフがサポートします。