エンジン

信頼できて効率的:世界中にはりめぐらされたサービス網を備えた耐久性のあるシステムとソリューションにより、トータルコストの削減

– 油圧式と空圧式エンジンシステムをシステムで供給
– 数十年にわたる長期の実践ノウハウ
– 主要港でのサービス提供

エンジン
 
 

石油価格の上昇と新しい環境基準は、大型エンジンのメーカーにとって難しい課題です。エンジンのユーザーにとっても状況は同じです。例えば船主や鉄道会社、発電事業者は、激化する国際競争のためにランニングコストをコントロールしなければなりません。特定の航路では、厳しい基準を順守することで通行が許されます。このような状況で、エンジンの制御による燃料削減の新技術には特別な意義があります。しかも公海上では、信頼性が極めて重要です。

ボッシュ・レックスロスは、こうした要求に適合するエンジン向けソリューションを提供します。お客様は、低速エンジンの運転に必要な油圧と空圧用全部品を当社から入手できます。「FIVA」バルブ、可変容量形アキシャルピストンポンプ、起動用ユニット、ロジック弁、切換弁、空圧システムと部品が含まれます。これらの製品の魅力は、信頼性と品質にすぐれていることです。こうして、お客様は予期せぬ機械の停止を防ぐことができます。

燃料噴射の最適化と排気ガスの再循環により排出ガスを削減:
同時に、燃料噴射を最適化し排気ガスを再循環する方法で、排出ガスの基準を順守します。大気をきれいにしつつ信頼性のおける方法、例えばFIVAバルブを使ってトータルコストを低減します。FIVAバルブは、制御装置で定められた燃料噴射量を高精度で実現します。こうして船舶向け2サイクルエンジンは、燃料使用量と排出ガスを削減できます。燃料噴射量を正確に制御することにより、FIVAバルブは、高い性能、優れた動きおよび正確な繰り返し精度を保証します。

最新の試験手順とシュミレーション技術:
各開発プロジェクトのかなり早い段階で、ボッシュ・レックスロスの専門スタッフは船舶用製品業者と協力しています。その際、各事例で最適なソリューションを見つけるため、事例ごとに異なるノウハウと何十年にもわたる経験を最適に組み合わせます。開発においては最新の試験手順を用い、最新の計算およびシミュレーション技術を振動と部品変形の解析に使います。試作品の試験と改良がその後に続きます。こうしてボッシュ・レックスロスは、最高水準を保証することができます。

機械の使用停止は多額の出費をもたらします。特に海運業で使用される機械についてはよく当てはまります。それゆえ、定期点検以外での部品の使用停止は何としても避けなければなりません。と同時に、点検時を効果的に活用することが求められます。例えば海運会社の定期メンテナンスをサポートしたり、メンテナンス費用を低減させたり、タイムリーな利用を保証したりするために、ボッシュ・レックスロスは全主要港をカバーするサービス網を有しています。ポンプ向け特別プログラム「Reman」により、エンジンの全使用期間にわたって交換用部品をすぐ入手できます。業務サポート体制、世界80カ国以上の拠点に加え、経験豊富な専門スタッフを有するボッシュ・レックスロスは理想的なビジネスパートナーです。