Japan

該当する地域を選択

Japan
 

流体力学の研究

流体力学の研究向けにシステムソリューションを開発

- 造波装置と波エネルギー吸収装置向けの駆動と制御システム
- 堅牢でメンテナンスが少ない、すぐれた耐摩耗性
- 独自に開発した波エネルギー計算プログラムと、同プログラムに準拠したデータ収集、分析システム

波動力学の研究
 
 

波の動きは、船舶・オフショア設備・護岸構造物の機能や耐用年数にとりわけ重大な影響を及ぼします。そのため、科学者やエンジニアは流体力学の研究で、その影響を調査しています。これらの研究成果により、技術水準と安全性は向上します。ボッシュ レックスロスは、制御された波を発生させるための駆動と制御のトータルソリューションを提供しています。

風、海流、水深および温度といったさまざまな条件が波の動きに影響します。海上における波エネルギーは、およそ1,000の要因で変化します。この多様な波を流体力学の研究においても再現できなければなりません。高密度の水は、長期にわたる使用でも信頼度と耐磨耗性にすぐれており、出力の高い動力装置を要求します。ボッシュ レックスロスは、造波装置や波エネルギー吸収装置向に、また貯水槽底面の位置を調整する駆動、固定装置用に、駆動と制御システムを開発・提供しています。

この分野で、ボッシュ レックスロスの油圧装置は、高い堅牢性とで少ないメンテナンスで実績をあげています。また、独自に開発した波計算プログラムや同プログラムに準拠したデータ収集と分析システムを提供し、必要なハードとソフトウェアをすべて含むトータルシステムソリューションを提供してきました。さまざまな流体力学の分野においての応用実績が、お客様をサポートします。