工作機械(成形)およびプレス機

動きの自由度と正確さを高めるために:ボッシュ・レックスロス社のソu12522 ƒŠューションは工作機械(成型)を制御、作動させます

– オープンインターフェイスとプログラム標準を採用
– 機械メーカーの工学的労力を軽減
– 広がるユーザーの自由度

工作機械(成形)およびプレス機
 
 

工作機械(成型)の作業は他の技術ではほとんど類を見ないような高速の出力と精緻な動きを結合したものです。機械に使われる油圧装置は重要な役割を果たします。特に、主要エンドユーザーの一つである自動車産業では開発部品の形状がますます複雑になっています。そのために必要かつ安定した高性能は、相互に十u20998 •ª調整された部品・モジュール・システムからなる機械によってのみ可能u12391 ‚Äす。

操作が易しく簡単に設置できる一方で、導入した技術の複雑性を反映する制御ソu12522 ƒŠューションをプレス機は必要としています。当社の製品では、駆動技術を制御分野から外します。:シャフト1軸からほぼ無限に多数の油圧式・電気式駆動システムにいたるまで対応したスケーラブルなモーションコントロール・システムは、ソu12501 ƒtトウェアにて流体技術の特性を考慮します。オープンインターフェイスと国際プログラミング規格だけが用いられ、様々なオートメーション化環境に適応しますから、メーカー側の変型の種類が少なくて済みます。

同時に標準化された部品は製造・組み立て時の煩雑さ、保守整備のための物流費を低減します。共通の工学機器を採用しているため、各ソリューションの導入は容易になっています。そして計画期間が短くなり続け、稼働率が高まる状況でもユーザーの自由度を広げています。

すぐれた加減速性能u12399 は成型技術のよしあしを特徴づけ、エネルギー削減可能u24615 性は導入出力に比例して大きくなります。加工時に繰り返し発生するエネルギーを回収し、機械の賢い操作法を採用することでエネルギー効率を大幅に高めることができます。その際、ボッシュ・レックスロス社では例えば回転数可変性のポンプ駆動や、スタート・ストップ・システムが利用できます。

ボッシュ・レックスロス社は、制御装置からアクチュエーターにいたるまで、機械類にドライブ&コントロール技術を完全に施します。開発・導入・使用開始時に加え、アフターケアサービス時にも、顧客は当社のノウハウを頼りにすることができます。