海洋エネルギー

自然の力を最適に利用:ボッシュ・レックスロスは、海洋エネルギープラント建設のビジネスパートナーです

– プラント運営の先駆者のためのビジネスパートナー
– 革新的なアイデアによる高い設備稼働率
– 何十年にもわたってつちかった再生エネルギーのノウハウ

海洋エネルギー
 
 

潮汐、潮力、波力、海洋温度差、塩分濃度差というように海洋エネルギーには様々な種類があり、将来的なエネルギーのベストミックスに大きく貢献できます。もっとも、多くの発電施設はまだ実験段階にあります。現時点では潮汐、潮力、波力がエネルギー源として特に将来性があります。ボッシュ・レックスロスは、お客様がこれらのエネルギー源を効率よく使うためのお手伝いを致します。かつて風力エネルギー事業の先駆者をサポートしたように、当社は海洋エネルギー事業の先駆者をサポートします。

海水による腐食、波浪と潮流のもつ激しい力といった課題の多い海上で使用されますから、海洋エネルギー発電所には、これらの課題に対応できる高度なものが要求されます。同時に、高い稼働率と保守整備の頻度が少ないことが、採算を取るためには必要です。

プラント施工者と緊密な協力関係を築きつつ、ボッシュ・レックスロスの専門技師はは過酷な条件にも耐えられるような、即座に設置・組み立て可能で保守整備に手間のかからない製品群を設計し、世界中に納品しています。電力テイクオフ・システム(PTOs)ソリューションや、波力・潮力発電機向けピッチ駆動等がその例です。海洋エネルギーから得られる電力で採算が取れるよう、当社のノウハウをご活用ください。