風力エネルギー

風力発電オペレーティングシステムにおける30年の経験: 効率的な発電へ、ボッシュ・レックスロスの信頼できるソリューション

風力エネルギー
 
 

発電コストを下げること。これが風力発電業界の一番の課題です。風力発電機メーカーは、新世代の製品では、より高度の信頼性、より良い性能、より容易な維持管理という点で優れたものを作らなければなりません。ボッシュ・レックスロスは風力発電機メーカーへ、伝動装置・ピッチ-アジマス駆動・油圧装置・制御技術・コンディションモニター=ソリューション (CMS)を提供しています。

ボッシュ・レックスロス社は、最先端の風力発電機向けに、高性能で信頼の置ける何千もの伝動装置・駆動装置を、1980年代から常時供給してきました。数メガワットクラスの風力発電機の主伝動装置に使用されているREDULUS GPV-Dはその一例です。ボッシュ・レックスロスはイノベーション・信頼性・品質を重視しています。この企業風土は当社の顧客にメリットをもたらします。マルチボディ=シュミレーション (MBS)のようなすぐれたシュミレーション手法により、顧客と協力しつつ、風力発電機の確実性をそこなわない方法で運営コストと騒音対策を最適化した動力伝達系路を設計します。

さらに、状況に応じたインターネット経由の維持管理といったボッシュ・レックスロスの革新的なサービスにより、風力発電機の稼働率は一層高まります。何百もの風力発電機で導入されているBLADEcontrolのようなブレード監視システムがその一例です。BLADEcontrolは、ブレードに付着した氷を早期に検知します。

長期的なビジネスパートナー・世界規模の納品業者・地元のサービス業者として、ボッシュ・レックスロスは独自の方法により、風力発電機の全稼動期間にわたって顧客をサポートします。