Japan

該当する地域を選択

Japan
 

プラスチック機械およびダイカストマシン

正確な反復作業と短いサイクル:ボッシュ レックスロスは、プラスチック機械およびダイカストマシン向けにモジュール式のシステム・ソリューションを開発しています

– ワンストップサービス形式で駆動装置とアクチュエーターを提供
– 回転数可変式ポンプによるエネルギー消費量低減
– ハイブリッドコンセプトによる、電動・油圧装置の融合

プラスチック機械およびダイカストマシン
 
 

正確な反復作業と短いサイクル時間を、プラスチック機械およびダイカストマシンのユーザーには重要です。油圧・電動アクチュエーターを最適に組み合わせて操作することが、重要な前提条件の一つです。ハイブリッド方式の機械コンセプト向け、組み合わせ自由な機能モジュールの需要は増加し続けています。ボッシュ レックスロスは、ダイカストマシン向けにプレインストールされた各種機能や部品、組み合わせ可能なオーダーメイドの自動駆動システムを開発しています。

油圧式、電気式、あるいはハイブリッド式の駆動システムから選択でき、オープンインターフェイスにより柔軟な使用が可能です。各種プログラム機能により、プラスチック機械およびダイカストマシンの複雑な動作制御も実施することができます。ボッシュ レックスロスは最新の流体技術および電気・多くの技術ソリューションをキーポイントとしています。

油圧式機器の安定した運転技術とデジタル信号による操作を組み合わせることで、新たな可能性が広がります。ハイドロフルオロカーボン(HFC)を利用する特別仕様のポンプは、耐久性と動作の自由度にすぐれていること、反復作業が正確であることが特徴です。そのため機械の生産性と稼働率が向上します。

例えば回転数可変形のポンプ駆動「Syntronix(シトロニクス)」を利用することで、機械のエネルギー消費量を最大80%削減することができます。加えて「Syntronix」は騒音を低減します。部品類は新たに設計する機械に簡単に組み込むことができ、他のモジュールと組み合わせることができます。オートメーション化ソリューションは、組み立て期間を短縮し提供します。

プラスチック機械は、標準的な使用例から、多くの部分から構成された大きな型の部品まで、数々の用途で使用されています。各メーカーは、一般的な使用条件下でプラスチック機械をかなり特殊な用途にも使用しています。ボッシュ レックスロスは設置時に自由度が高い油圧装置・電気駆動の各部品から、プレインストールされた機能つきの各種モジュール、広範囲の技術に裏打ちされたシステム・ソリューションにいたるまで幅広い製品を提供しています。ボッシュ レックスロスは、各種駆動装置とアクチュエーターをワンストップサービス形式で提供しています。これは、さまざまなレックスロス部品が十分に調和して機能することを意味しています。

ボッシュ レックスロスは、油圧装置を電動式にすることでハイブリッド式・100%電気式のプラスチック機械およびダイカストを支えています。生産過程の自由度と経済性を高めるため、メーカーは幅広い技術分野に及ぶボッシュ レックスロスのノウハウを80カ国で活用することができます。