工作機械(切削)

個数は最大に、エネルギー消費は最小に: ボッシュ・レックスロスは、信頼性の高い工作機械(切削)技術を提供します

工作機械(切削)
 
 

工作機械(切削)に求められている要件は、短いサイクル時間、柔軟性、エネルギー効率・生産性の両方が高いことです。ボッシュ・レックスロスの賢いCNC制御技術・運転技術により、メーカーは機械の性能を高めることができます。両技術の最適な組み合わせと容易な操作・プログラム機能により、機械の生産時・非生産時の時間を効果的に組み合わせます。

各工程と各機械ごとにどこに節減余地があるか、ボッシュ・レックスロスは指摘できます。当社のソリューションを採用することで、メーカーとユーザーはこの潜在的可能性をを引き出すことができます。この方法により、機械のランニングコストは低減し、CO2排出量も改善できます。顧客にとっては市場に商品を送り出すまでの時間が短くなり、生産部門の高い設備稼働率を意味します。

ボッシュ・レックスロスが開発した「4EE-システマティック」を利用することで、工作機械(切削)メーカーはエネルギー効率に関し、潜在的可能性を限度いっぱいまで引き出すことができます。一例として、回転数可変性のポンプ駆動を使用したボッシュ・レックスロスの油圧プラントは、エネルギー消費量を最大70%減らすことができます。統合型ソフトウェア・ツールの「IndraMotion MTX ega」と「IndraMotion MTX cta」を利用することで、プログラマーは機械の各動作ごとにサイクル時間・最大エネルギー使用量を分析し、最適化することができます。

ボッシュ・レックスロスの統一的な基幹ソフトウェアを利用することで、ユーザーは迅速かつ効率よく技術的な作業を済ませることができます。さらにボッシュ・レックスロスの顧客には、ビジネスパートナーの特典があります。世界中に拠点がある当社の専門家ネットワークをいつでも利用できます。