印刷および加工

ボッシュ・レックスロス社は印刷工程の信頼度・経済性・柔軟性を高めます

- 工学技術の簡素化とハードウェアコスト低減
- 速度と正確の向上

印刷および加工
 
 

印刷所と印刷機メーカーにとって、大きな変化をもたらす重要な課題です。常に変化し続けるメディア界と容器包装印刷における個別化を受け、迅速にフォーマットを変更できることが重要になっています。同時に生産性を高め、損紙を減らすことが求められます。印刷および加工工程におけるオートメーション化の分野で世界的なリーディングカンパニーであるボッシュ・レックスロス社は、印刷業界に革新性の高いソリューションを提供しています。

ボッシュ・レックスロス社は1990年代に世界初となる印刷機向け電子シャフトならびに世界初の駆動内蔵保安技術を開発し、今日までにサーボ駆動を内蔵した100万以上のモーションコントロールシステムを世界各地で10万基以上、印刷・包装機器に設置しています。レックスロスのオートメーション化システムは一貫してスケーラブルで信頼でき、柔軟なソリューションをあらゆる印刷物に対して提供します。統合型レジスタ調節装置と多数の工程調節機能を制御することにより損紙を減らし、印刷速度と精度を高めることができます。複数のシステムをカバーする保安技術により、最小の費用で最大の成果を可能にします。印刷機メーカーは工学技術を簡素化し、ハードウェアの費用を低減することができます。

レックスロスのハードウェアは、適当な手段を講じることで25年以上にわたって世界中で入手可能になっています。設備投資の安全性を判断するには重要な指標といえます。既存の機器に対しては、レックスロスは改造・リニューアルの計画策定と実施を担当します。新たに開発し、状況に対応した自動監視システムは、レックスロスの幅広い輪転機向け各種サービスを補完します。同監視システムは、輪転機の駆動・制御システムに関する既存データを活用します。作業環境・作業工程パラメーターの変化を継続的に分析し、維持管理に必要な措置を指示します。これに伴い機器の寿命は長くなります。

当社はモーションコントロール・リニア技術・流体技術に関して特定産業分野に限らないリーディングカンパニーであり、広い範囲に及ぶ技術指導とワンストップサービス形式での全オートメーション化ソリューションの提供が可能です。印刷機の場合、電気駆動システムと制御に加え、リニア技術、気体制御・油圧装置を利用することから、総合的なサービス提供は重要なビジネス要素となっています。