Japan

該当する地域を選択

Japan
LogiMAT

LogiMAT 2022 – 2022年5月31日~6月2日2番ホール、B21ブース

LogiMAT 2022

ロジスティクスを活性化

「未来の工場」を私たちと一緒に作りませんか。

自律型マテリアルサプライやヒューマンロボットコラボレーションから最終製品までのトラッキングにいたるソリューションをご用意しています。

適切なソフトウェアツールで、ロジスティクスプロセスの変更にも苦もなく柔軟に対応します。プロセスやバリューストリームは常時トラッキング、管理します。ただし、ハードウェア設置の労力はソフトウェアのインストールと同様に大幅に低減されます。

We Move - You Win.

LogiMAT 2022の2番ホール、B21ブースでお待ちしています

LogiMAT 2022

チケットのお申込み

お問い合わせ


ハイライト


4個の小型コンテナを積んだ台車ごと持ち上げるBosch RexrothのActive Shuttle自律型モバイルロボット

自律型モバイルロボット(AMR)ActiveShuttleが「未来の工場」への玄関に

フルコネクテッド型で柔軟な「未来の工場」には、指定時間に指定場所まで物品を搬送するAMRがパーフェクトにフィットします。高まる少量多品目生産という課題も、ActiveShuttleはイントラロジスティクスプロセスをフレキシブルなものに進化させて対応します。 ただし、あくまで工場のインフラストラクチャーは変更しません。

ActiveShuttle

ctrlX AUTOMATION - 二歩先を進む

リーンな生産は製造業の大きな競争要因です。プロセス合理化の目的は、従来よりも速く柔軟にアクションを起こして、増収増益につなげるところにあります。自律型システムctrlX AUTOMATIONは、このコアとなるイントラロジスティクスの要求に効率性と小型化で対応します。

Bosch RexrothのctrlX AUTOMATIONは、マシン制御、ITワールド、IoT間の境界を取り払いました。ctrlX AUTOMATIONは、LinuxリアルタイムOS、オープンスタンダード、アプリテクノロジー、ウェブベースのエンジニアリング、包括的なIoT接続により、コンポーネント数はもちろん、エンジニアリングの労力も30~50%削減します。

オープンでフレキシブルなシステムが、既存の生産ラインと新規導入する生産ラインを組み合わせます。ctrlX AUTOMATIONポートフォリオと組み合わせたキャビネットフリーのドライブテクノロジーIndraDrive Miは、保管およびピッキングシステムやモバイル搬送システムなどのイントラロジスティクスにはパーフェクトなソリューションパッケージとなります。

www.ctrlx-automation.com

ctrlX AUTOMATION
ROKIT

モバイルロボットをレベルアップするならROKIT – Bosch Rexrothのロボティクスキット

Bosch RexrothのロボティクスキットROKITは、モバイルロボティクスとサービスロボティクスの分野で新たな可能性を切り開きます。モジュラーキットはそれぞれ個別に、または連携して使用できる、実績のあるソフトウェアおよびハードウェアコンポーネントで構成されており、プロセスの自動化過程で必要とされる最高の自由度を提供します。ROKIT aXessor、ROKIT Locator、ROKIT Navigator、ROKIT Motorの各コンポーネントは、グラフィカルユーザーインターフェイスを提供し、位置設定、ナビゲーション、動作の実行をサポートします。各製品には固有のサポートサービスがあり、ユーザーに寄り添ったポートフォリオとなっています。

ROKIT

お問い合わせ

オーダーピッキングを自動化するBosch RexrothのSmart Item Picking

今日の イントラロジスティクスのオーダーピッキング の現状は、倉庫、フルフィルメントセンター、製品倉庫、予備品倉庫などではその大半が手作業です。労働力不足、エルゴノミクス要件、Eコマースの勃興などの影響を受けて、自動化ソリューションが求められています。

当社の Smart Item Picking は、イントラロジスティクスの手作業によるピッキングの自動化に対応します。イノベーティブな 自動オーダーピッキング向けのソフトウェアとハードウェア が、さまざまな対象物の検出、ピッキング、配置を柔軟に実行します。

www.boschrexroth.com/SIP

お問い合わせ

インダストリアルロボットが吸引グリッパーを使って、5個のビンからさまざまなパーツをピッキングして、コンベヤベルトに載せる。
トラック&トレース

トラック&トレースで搬送管理

Boschのスマートトラッキングソリューション「トラック&トレース」は、最新の位置情報に加えて、搬送機器、トラックのトレーラー/セミトレーラー、機関車、貨車、海上コンテナなどの運送資産の荷重状態を取得できます。

「トラック&トレース」を使用すると、ロジスティクスプランナー、資材プランナー、ロジスティクスマネージャー、さまざまなロジスティクスパートナーがサプライチェーン全体にわたって資材と資産をデジタルにトラッキングできます。これで前代未聞の透明性がもたらされた結果、企業には以下のような多数のメリットがあります。

  • 搬送機器への投資が不要に
  • プランニングの信頼性が向上
  • 資材の滞留在庫が低減
  • 集荷、ブッキング、インベントリ―管理に割く時間が低減できる
  • 時間とコストが節約できる

このプロセスで取得されたデータは、分析機能のような別のデジタルサービスのベースとなります。このデータをカスタマーシステム(ERP、SAP、WMS、TMSなど)に投入すると、リアルタイムのデータがプランニングとリンクされることになります。データの入力はリアルタイムか、またはインターフェース(ODS)経由で可能です。

https://bosch.io/products/track-and-trace/

ロジスティクスにスマート&セーフサービスを

eLION: エレクトリックトランスフォーメーションなら、Rexrothの新しいeLionプラットフォームで始めてみませんか。
電動化

eOC: ハードウェアとソフトウェアから複雑性がなくなると、可動型マシンはもっと柔軟に、もっと生産性が高くなります。
https://www.boschrexroth.com/en/xc/company/press/index2-41728

BODAS: Bosch Rexrothは、データソース、ハードウェア、ソフトウェア、診断サービス、RexrothコントローラーのOTAアップデートまでを網羅したテレマティクスのフルソリューションをご用意しています。
BODAS

ロジスティクスにスマート&セーフサービスを
マルチカメラシステム

マルチカメラシステム

Boschは今年、初の衝突警告機能を搭載したカメラを発売します。Boschマルチカメラシステムをベースとする衝突警告機能は、昨年LogiMATに導入済みです。衝突警告機能は現在開発途上ですが、基本的には画像認識支援システムを拡張したものです。

Boschの画像認識支援システムは、フォークリフトのフロント、リア、両サイドのエリアをモニタリングして、360度の視野を表示します。ドライバーはディスプレイを一目見るだけで、正確な操縦範囲を把握できます。さらには、フォークリフトの走行車線がハンドル操作角度が変わるにつれて、ディスプレイに画像として表示されます。Boschの画像認識支援システムは、ユーザーフレンドリーなアプリケーションを搭載しているため、ソフトウェアツールを使えばさまざまな種類の車両に適応します。

www.bosch-mobility-solutions.com