×

設置エレメント


整然とした方法で設置された場合に限り、電気的な障害を容易に見つけて除去することができるので、電気配線はきれいに敷設されなければなりません。従って、ケーブル ダクトおよびケーブル ブラケットは、ベーシック メカニカル エレメントを使用して作成したあらゆる構造物の電気装備のメンテナンスを行いやすくする重要なエレメントです。

  • サポート プロファイルにクリッッピングまたはネジ止め可能
  • サイズ 40x40、40x80、80x40、80x80
  • 簡単な機械加工のための穴あけ補助具
  • ダブテール取付オプション
  • 40 および 45 mm のモジュール寸法のプロファイルの取り付けに最適
  • ケーブル ダクトの端面をシールします。
  • ネジでしっかりと固定済み
  • 機械的仕上げにより、PG ネジ留め用の開口部を設けることができます。
  • 端面ケーブルのコンセントがある場合にケーブルを保護するために使用されます。
  • 押すことができ、また所定の位置にねじ込むことができます。
  • 側面のコンセントでケーブルを保護するために使用できます。
  • 取付ベース
  • ケーブル ダクトをサポート プロファイルに機械加工なしでの取り付けに使用されます。
  • ケーブル ダクトをサポート プロファイルから絶縁します。
  • 水平方向と垂直方向に 90°のカーブ
  • モジュール設計
  • プッシュイン接続エレメントと一緒に接続されたケーブル ダクト
  • ケーブル ダクトは、供給された電位均等化ケーブルを使用し導電仕様にすることができます。
  • 電気およびデータ ケーブルなど、異なるケーブルを運ぶためにケーブル ダクトを 2つのチャンバーに分割します。
  • プッシュイン方式で取り付け
  • 曲がるタイプで、カーブ上でも使用できます。
  • ケーブル ダクトの端部の延長
  • 湾曲したケーブル ダクトを接続
  • 両方のケーブル ダクトの ESD 導電率は、重なり合うカバーとセルフタッピング ネジを使用することによって設定できます。
  • モジュール設計
  • プッシュイン接続エレメントと一緒に接続されたケーブル ダクト
  • ケーブル ダクトは、供給された電位均等化ケーブルを使用し導電仕様にすることができます。
  • VDE 認定
  • ケーブルをカバー内に通す
  • DIN EN 0100‑-410 に準拠:
  • 接地された保護導体にケーブル ダクトを接続します。
  • 接地線は付属していません。
  • オーバーヘッドマウントの場合にケーブル ダクトにケーブルを固定
  • 推奨: 200 mm ごとに使用
  • 個々のケーブルをケーブル留め具で固定するためのケーブル ブラケット
  • パネルまたはスクリーンの背後で使用
  • スロット 10 mm 用の Variofix ブロックと一致するように寸法設定されています。
  • 余分な負荷をかけずにケーブルやホースを保護できるマジックテープ付ケーブルブラケットです。
  • ケーブルブラケット、工具なしに溝にねじ込むことができます。切り込み溝に対し平行方向と横方向に取付け可能。
  • 表面エレメントまたはEcoShape取り付け基部に固着できるフラット型ケーブルブラケット
  • 市販の標準ケーブル ダクトを固定するためのクイック ロック


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-02-13 11:35:45