×

ラジアル補正エレメント


  • 中央のボルトまたはクイック コネクター (プロファイルの面からの穴の間隔に注意) を使用して、2つのプロファイル間の T 接続の隙間および鋭いエッジを回避
  • スロット セグメントは、スロット内の表面エレメントを固定するために分割することができます。
  • 重要事項: ラジアル補正エレメントを使用する場合は、プロファイル接続の負荷容量が減少します!
商品名
技術仕様
寸法
注文項目
Addresses

© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2018-08-27 23:04:42