×

カーブ


カーブは、コンベアの端部でワークピース パレットを戻すために使用されます。これらは、90°および 180°のカーブ角度の仕様で利用できます。

  • 駆動はベルト セクションを介して行われます。カーブ機能に追加のドライブは必要ありません。
  • セクション荷重は最大 30 kg
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)
  • ターンテーブル用に統合された共用ドライブと、送り込みセクションと送り出しセクションの取り付けられたベルト セクション
  • セクション荷重は最大 30 kg
  • コンベア メディア: ターンテーブル(EPA での使用に適しています)
  • ベルト距離 a = 135 mm
  • ターンテーブル用に統合された共用ドライブと、送り込みセクションと送り出しセクションの取り付けられたベルト セクション
  • セクション荷重は最大 30 kg
  • コンベア メディア: ターンテーブル(EPA での使用に適しています)
  • ベルト距離 a = 135 mm
  • ターンテーブルと取り付けられたベルト セクションの共用ドライブ。セクション荷重は最大 24 kg
  • 2 番目のドライブ (AE = 2) を使用する場合、セクション荷重は最大 30 kg
  • コンベア メディア: ターンテーブル(EPA での使用に適しています)
  • 駆動は、カーブ出力に接続されたベルト セクション BS1/T またはセクション ユニットのリターン ユニット UM1 を介して行われます。
  • 追加のドライブ キットを使用すると、カーブの始点と終点でワークピース パレット WT 1/P の搬送が改善されます。
  • コンベア メディア: ラウンドベルト(EPA での使用に適しています)
  • ベルト距離 a = 60 mm または a = 135 mm で使用可能
  • 駆動は、カーブ出力に接続されたベルト セクション BS1/T またはセクション ユニットのリターン ユニット UM1 を介して行われます。
  • コンベア メディア: ラウンドベルト(EPA での使用に適しています)
  • 自走式コンベア セクションの準備完了。モーター取り付け右 (MA = R)、左 (MA = L)、トラック幅 b = 160 mm または中心 (MA = M)
  • アキュムレーション運転時に最大 30 kgのセクション荷重
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)
  • TS1 のモジュールは、接続キットを介して前面側で互いに接続されています。


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-02-13 11:50:05