×

トランスバース コンベア


トランスバース コンベアは搬送方向を 90°変更するため、または平行した搬送ラインでの実装に使用されます。

トランスバース コンベアには、頑丈で摩耗が少なく信頼性の高い歯付きベルト搬送メディアが取り付けられており、連続的に ESD が可能な基準で搬送されます。

ロングチューディナル コンベアと比較して、高さレベルを 4.4 mm だけ上げると、ロングチューディナル コンベア上のどの位置でもトランスバース コンベアを逐次使用することが可能になり、適応に時間と労力を要することはありません。ガイド プロファイルのカットアウトは必要ありません。

カーブの代わりに単純な循環システムでそれらを使用して搬送方向を変えることができます。

複雑な循環システムでは、パレット経路を個々の処理ステーションに分岐するために使用されます。

トランスバース コンベアにはワークピース パレットの分離が必要です。(ストップ ゲート、制御のための機能計画)

  • ベルト距離 a = 60 mm または a = 135 mm で使用可能
  • リフト シリンダー – D = 25 mm
  • 総ストローク: 13 mm
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)
  • セクション荷重は最大 30 kg
  • リフト シリンダー – D = 25 mm
  • 総ストローク: 13 mm
  • モーター取り付け 右 (MA = R) または左 (MA = L)、b = 160 mm、中央 (MA = M)
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)
  • セクション荷重は最大 30 kg
  • リフト シリンダー – D = 25 mm
  • 総ストローク: 13 mm
  • モーター取り付け 右 (MA = R) または左 (MA = L)、b = 160 mm、中央 (MA = M)
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)
  • 最下部にギヤ モータが吊り下げられているため、非常にコンパクトな構造です。狭いスペースに適しています。
  • コンベア メディア: 歯付きベルト
  • リフト シリンダー – D = 25 mm
  • 総ストローク: 13 mm
  • コンベア メディア: メッシュ トップ付き歯付きベルト(EPA での使用に適しています)

© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-02-13 11:50:06