×

縦コンベア


アプリケーションと機能

コンベア ユニットには、2つの荷重クラスと 3つの異なるシステム幅 (455、650、845 mm) で、ロングチューディナル コンベア用とトランスバース コンベア用 (1040 mm) の幅があります。コンベア ユニットのすべてのローラーは、それぞれのドライブ ユニットのキング シャフトによって駆動されます。キング シャフトは、搬送レベルの下にある保護カバーの背後にあります。 ワークピース パレットはキング シャフトを通過することができます。

コンベア ユニットは対称設計であり、ドライブ側の選択はありません。ローラーはベベル ホイールで駆動されます。 摩擦クラッチはアキュムレーション運転中に駆動装置を保護します。

2 ローラータイプ:

  • ロングチューディナル コンベア用の標準としてスプリット ローラー
    • カーブ、ダイバータ、ジャンクションの標準としてのフル ローラー (FR)
    • ワークピース パレットを持たないワークピースを搬送するためのロングチューディナル コンベア用フル ローラー
    • AS 5/… ドライブ ユニット
    • SZ 5/… レッグ セット
    • 接続キット
    • レッグ距離 ≤ 2 m を含む許容セクション荷重:
      • ST 5/XH: 380 kg/m
      • ST 5/H: 200 kg/m

 

注記:

WT付き フル ローラーのコンベア ユニットの使用は制限されています。ローラーの寸法によっては、スペースが足りないために、ID システム用のストップ ゲート、センサー サポート、およびサポートを組み立てることができない場合があります。

 

必要なアクセサリー:

 

コンベア ユニットの負荷容量

許容荷重は、最大許容重量 m のワークピース パレットの条件にのみ適用されます。Wperm. がアキュムレートしました。

カーブ、ダイバータ、ジャンクション、またはポジショニング ユニットではアキュムレーション運転が許可されていません

 

様々な WT 長さとローラー間隔 (ピッチ p) を有する最大許容 WT 重量 mGzul

トランスファー システムを設計するときは、ワークピース パレットの長さ、ワークピース パレットの総重量 mG とローラーの間隔 (分割 p) を一致させる必要があります。

ローラー当たりの運搬力は 50 kg です。ワークピース パレットは常に少なくとも 3つのローラー上になければなりません。結果として得られる荷重制限がグラフィックに表示されます。

 

お客様のワークピース パレットの使用

カーブ、ダイバータおよびリフトトランスバース ユニットを使用する場合は、bWT とlWT の間の特定の依存関係を考慮する必要があります。

ワークピース パレットが真っ直ぐなセクションでのみ搬送される場合は、任意の長さにすることができます。 許容セクション負荷とローラー負荷を確認してください。

  • コンベア ユニットは、ワークピース パレットを搬送するための、すぐに使用可能なモジュールです。
  • 保護カバーとエンド プレートは、安全性を高めるために作業領域に設けられています。
  • コンベア ユニット用に個別に注文することができます。カーブ、ダイバータ、およびジャンクションの場合、これらはオプションで付属できます (SC = 2)。
  • 保護カバーおよびエンド プレートは、スプリング エレメントを使用してローラ間にクリップされます。
  • 注記: 保護カバーまたはエンド プレートの上を歩かないでください。
  • セクション中央保護カバー (A)
  • カーブ間移行用保護カバー (ダイバータ、ジャンクション) / コンベア ユニット (B)
  • コンベア ユニット/異なるローラーのコンベア ユニット間の移行用保護カバー (C)
  • スプリング エレメント (H)、各保護カバーに 4個必要です。
  • コンベア ユニットはすぐに使用できるモジュールであり、ワークピース パレットを使用しないワークピースの搬送に特に適しています。
  • 注記: ローラーの間隔により、ST 5/...-FR コンベア ユニットをワークピース パレットとともに使用することが制限されています。その他のローラー間隔については、ご要望に応じてご利用いただけます。
  • 保護カバーとエンド プレートは、安全性を高めるために作業領域に設けられています。
  • コンベア ユニット用に個別に注文することができます。カーブ、ダイバータ、およびジャンクションの場合、これらはオプションで付属できます (SC = 2)。
  • 保護カバーおよびエンド プレートは、スプリング エレメントを使用してローラ間にクリップされます。
  • 注記: 保護カバーまたはエンド プレートの上を歩かないでください。
  • セクション中央保護カバー (A)
  • カーブ間移行用保護カバー (ダイバータ、ジャンクション) / コンベア ユニット (B)
  • コンベア ユニット/異なるローラーのコンベア ユニット間の移行用保護カバー (C)
  • スプリング エレメント (H)、各保護カバーに 4個必要です。
  • コンベア ユニットは、ワークピース パレットを搬送するための、すぐに使用可能なモジュールです。
  • オープン センターは以下のプロセスを可能にします。
  • 保護カバーとエンド プレートは、安全性を高めるために作業領域に設けられています。
  • 注記: 保護カバーまたはエンド プレートの上を歩かないでください。
  • セクション中央保護カバー (A)
  • コンベア ユニット/同じまたは異なるローラーのコンベア ユニット間の移行用保護カバー (B)
  • スプリング エレメント (H)、各保護カバーに 4個必要です。
  • 保護カバーとエンド プレートは、安全性を高めるために作業領域に設けられています。
  • 注記: 保護カバーまたはエンド プレートの上を歩かないでください。
  • プロファイル コネクター
  • 中間プレート
  • カップリング


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2022-05-09 14:11:56