×

鉄心付同期リニアモーター

ML3


  • 最大力120~4,500 N
  • 公称回転数VN 95~650 m/min
  • 高力密度による小型設計
  • 高いフィード力
  • 低いコギング力および力リプル

ML3シリーズの自冷式鉄芯リニアモーターは、超小型モデルでありながら大きな力を発揮します。ML3シリーズの同期リニアモーターは、従来のボールねじドライブの代替となる高生産性のダイレクトドライブです。磨耗する部品がより少ないこと、機械的剛性がより高いこと、そして最高の位置決め精度と運動性により、ファクトリー オートメーションにおける大幅な生産性向上に貢献します。スペースを節減する電気機械設計により、これらのリニアモーターは特に設置スペースが非常に限られている場合でも取り付けることができます。高い等速性を備えたこれらのモーターは、わずかなコギング力とその結果である力脈動の低さによって、生産現場で最高の品質が得られます。自冷式モーターシリーズとしての構造により、機械の冷却剤システムが不要になると同時に、モーターの取り付けが容易になります。

ML3リニアモーターは、1個のMLP3プライマリ コンポーネント(コイル)と、1個または複数のML3Sセカンダリ コンポーネント(磁石プレート)で構成されています。3つの異なるサイズと、バラエティに富んだ長さのセカンダリ コンポーネントによって、幅広い用途に対応できます。

 


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2021-06-16 16:46:34