×

安全技術


安全制御装置

 

  • IEC 61508 (SIL3) および EN ISO 13849-1 (Cat. 4、PL e) に従って認定
  • 集中型および分散型のオートメーション構造に合わせてスケーラブル
  • 駆動装置一体型安全搭載の安全技術の最適な実装

 

SafeLogicおよびSafeLogicコンパクトは、安全ロジック システムに、すべてのオートメーション タスクに必要なスケーラブルな機能と性能を提供します。IndraWorks Engineeringのフレームワークとともに自由にプログラム可能な安全制御装置は、さまざまな用途のオートメーション システムに完全に統合することができます。小型から中型の機械およびシステムのコンパクトなソリューションとしても、さまざまなCML制御範囲のエクステンションとしても、ボッシュ レックスロスの安全制御装置は人への最高の保護と、簡単化された試運転と検査を提供し、生産の動作不能時間を短縮します。

 

 

安全駆動の技術

 

  • IEC 61508 (SIL2) および EN ISO 13849-1 (Cat. 3、PL d) に従って認定
  • 認定され、統合されたソリューションによりもたらされる優れた信頼性
  • 特殊モード時間の短縮による機械の生産性の向上

 

駆動ベースの安全ソリューションであるSafeMotionは、単なる機械の「安全停止」以上のものです。これはむしろ、安全な機械設計のための必須条件です。これにより、オペレータは安全にアクセスでき、動作不能時間が短縮され、生産性が向上します。

従来安全停止と動作機能に加えて、SafeMotion付きIndraDriveは、安全ドアロック、いくつかの安全絶対支持面積、安全制動・保持システムを始めとする18点を超える安全機能をサポートしています。

  • 広範囲の機能をもつ機械、もしくは広く分配された安全のための周辺機器のある工場用の経済的なソリューション
  • IndraWorks による標準用途と安全用途の、一貫した副作用のないエンジニアリング
  • Multi-Master は CIP Safety on Sercos および PROFIsafe をサポート
  • SafeMotion付IndraDriveを組み込んだ継ぎ目のない完成した動作ロジックのソリューション
  • コンパクトなモジュラー安全制御装置
  • 安全用の周辺装置は、最大96の入力と48の出力を含むまでアップグレード可能
  • 包括的なモジュール ライブラリを使用したグラフィック プログラミング
  • Sercosを介してSafeMotionを使用したIndraDriveの一連の駆動装置の直接の統合
  • すべての安全機能のための最高レベルの安全性(区分4、PL e、SIL 3)
  • 安全絶対端位置を用いた、ハードウェアのリミットスイッチのソフトウェアによる置き換え
  • 31個の安全カム領域を設定可能
  • 半自動サポートにより試運転作業が簡単化
  • 保守点検時にPCなしで装置を交換


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-05-08 19:05:18