×

締め付けスピンドルのケーブル


  • デジタル技術で安全で信頼できるデータ転送
  • 100メートルまでの最大ケーブル長で柔軟なホール設計を可能にします

補足情報

CADデータを見つけるには、それぞれの製品グループの最も低いナビゲーション・レベルにある「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

締め付けスピンドルは、接続ケーブルによってCS351S…コンパクトシステムあるいはLT35…サーボアンプに接続されます。締め付けスピンドルを拡張するには、最大5本の延長ケーブルまで、任意の順で接続ケーブルに交互に接続します。締め付けスピンドルが一定の運動を行うアプリケーションについては、私たちはいくつかの個別の部分から接続を構築することを推奨します。リストされた接続ケーブルの最小曲げ半径は123 mmです。接続ケーブルの全長は100 mを超えることはできません。

 

カードラックおよびシステムボックスの接続

ネットワーク・カップラー・ケーブルは個別のBT356カードラックおよびSB356システムボックス間を接続します。さらに、カードラックおよびシステムボックスのコンビネーションも可能です。個々のカードラック/システムボックスの間のネットワーク・カップラー・ケーブルの長さは、50 mまで利用できます。すべてのネットワーク・カップラー・ケーブルの全長は150mを超えることはできません。


© Bosch Rexroth AG、内容が変更される場合があります 2019-05-09 00:53:50