建設機械

効率は高く、排出量は低く: ボッシュ・レックスロス社で、建設機械メーカーは適切なソリューションを見つけることができます

- 性能u12364 か同様または向上するダウンサイジング・コンセプト
- 米国TIER 4 final ・ユーロStage IVのような排出量基準を完全遵守
- DHCの最適化機能による燃料使用量の低減

建設機械
 
 

ショベルカーにしても、ホイールローダー、ロードローラー、あるいはコンクリートミキサーにしても、建設機械は最高の性能と精確性を最適に兼ね備えていなければなりません。それには、高性能な駆動・制御システムが必要です。上昇し続けるエネルギーコストのため、建設機械にはさらに高効率が求められています。と同時に、確実に排出量を減らすこと、地域の市場ごとに異なった要求を満たすことが求められています。こうした要求に際して建設機械業界は、ボッシュ・レックスロスの長年のシステム・ノウハウ、使用実績、革新的な製品に信頼を置くことができます。

建設機械メーカーは、米国TIER 4 finalおよびユーロStage IVについてボッシュ・レックスロスから具体的な解決方法のアプローチを得ることができます。ダウンサイジング・コンセプトは、重要なユニットの一つとなっています。レックスロス高性能油圧機を利用することで顧客は、例えばコンパクト・ローダーの実際の性能は同じか場合によっては向上しているが、エンジンの名目出力は減らすといったことができます。小型の原動機を用いて排出量・燃料使用量・設置空間を減らすため、ボッシュ・レックスロス社のダウンサイジング・コンセプトを利用することによってシステム全体の効率を高めることができます。

ダウンサイジングの成否は、効率の高い油圧システムにかかっています。例えば、油圧フライホイール(HFW)は使われていないエネルギーを蓄え、 需要に応じてまた使用できるようにします。HFWは、出力の平準化・ディーゼルエンジンの小型化・ブースト機能としての利用に供されています。

ボッシュ・レックスロス社の油圧式電動放熱機により、過酷な条件下でもエンジン内は最適温度に確実に保たれます。その結果、エネルギー消費量は最大5%削減でき、油圧式電動放熱機によりTIER 4 finalおよびユーロStage IVの基準を遵守することができます。

別の例は、当社の機能モジュール「ディーゼル油圧コントロール(DHC) 」を用いることで、ディーゼルエンジンと油圧機器の併用を最適化できることです。この際、総性能が向上する一方、確実に必要とされるエネルギー量だけが供給されます。レックスロスの提供するDHCや他のソリューションは最適化機能を有したシステムであり、建設機械のメーカーとユーザーは燃料使用量を大幅に減らすことができます。

世界中で当社の顧客はそれぞれの市場の需要にあわせたソリューションを期待しています。当社は世界各地向けのソリューションを的確に開発・製作し、ユーザーにとっての課題を理解するようにしています。