Japan

該当する地域を選択

Japan
 

建設機械

より高い効率と、より低いCO2排出量へ: ボッシュ レックスロスのテクノロジーで、建設機械に適切なソリューションを

- TIER 4 Final規制やユーロStage IVの排出ガス規制を遵守
- ディーゼル油圧コントロール(DHC)の最適化機能による燃料使用量の低減

建設機械
 
 

油圧ショベルカーやホイールローダー、ロードローラー、あるいはコンクリートミキサーにおいても、建設機械は最高の性能と精度を兼ね備えていなければなりません。そのためには、高性能な駆動・制御システムが必要です。また、上昇し続けるエネルギーコストのため、建設機械にはさらに高い効率が求められています。と同時に、CO2排出量を減らすことや、地域ごとに異なった要求を満たすことが求められています。こうした要求に際して、革新的な製品やテクノロジー、システム・ノウハウを持つボッシュ レックスロスは、数多くの建設機械で使用実績があります。

ボッシュ レックスロスの油圧式ファンドライブシステムにより、過酷な条件下でもエンジン内は最適温度に確実に保たれます。その結果、エネルギー消費量は最大5%削減でき、さらにTIER 4 finalおよびユーロStage IVの規制を遵守することができます。

また、機能モジュール「ディーゼル油圧コントロール(DHC) 」を用いることで、ディーゼルエンジンと油圧機器の併用を最適化できます。性能が向上でき、エネルギー量は削減されます。弊社の提供するDHCや他ソリューションは、最適化機能を有したシステムであり、燃料使用量を大幅に減らすことができます。

ボッシュ レックスロスは、世界中でそれぞれの市場の需要にあわせたソリューションを提供しています。世界各地向けのソリューションを的確に開発・製作し、ユーザーにとっての課題を理解するようにしています。