Japan

該当する地域を選択

Japan
油圧プレス
油圧プレス
Technology

より迅速で安全な方法で

より迅速で安全な方法で:認証を受けたプレスモジュールにより、操作の安全性が高まり、エネルギー効率が向上し、コストを削減することができます。

油圧プレスやゴム・プラスチック機械を製造する企業は、設備が安全に作動することを確認する必要があります。また油圧システムは、作業者への健康リスクや残存リスクを設置時から最小化するように設計されなければなりません。したがって製造メーカーは、保護システムとコマンドシステムがどのように油圧安全制御システムと相互作用するかを慎重に定義しなければならない、という課題に直面しています。そのためには、様々な設計バリエーションに沿った安全制御システムを使用するのが最善です。これらを満たしている場合、機械の安全性は、プレスモジュールの大きさやプレスの動作に左右されることはありません。

機能安全に加えて、オペレーターが注目しているのは、 エネルギー効率 とシステム全体で統制の取れたエネルギーバランスです。さらに、エネルギー最適化プレスモジュールでは、特別な切替条件を用いて、ポンプとアクチュエータ間の圧力損失を低減します。この低減はつまり、正味の押す圧力として 使える割合が大きくなる ことを意味します。このため、油圧システムを小型化でき、コスト面でも大きなメリットがあります。

プレスモジュールのサイズが細かく段階分けされている場合、小型化しコストを削減できる可能性が高くなります。製造メーカーは、標準安全コンセプトで設計されたボッシュ レックスロスの 現行品 IH04シリーズの中から、3つの異なるタイプ(IH04C、IH04D、IH04E)から選択できます。どのモジュラーシステムも、少なくとも1つの基本モジュールと、流れを制御するための方向切替バルブ、そして機能により追加可能な拡張モジュールから構成されています。重要なのは、これらのダウンストロークモジュールは小型化できるということです。

最終的には、効率的に最適化され、かつ標準安全コンセプトやテスト認証を持つプレスモジュールは、機械メーカーにさまざまな競争上の優位性をもたらします。リスクを最小限に抑えた安全運転やプレスのエネルギーバランス向上、小型化や、エンジニアリング、試運転、アッセンブリーにかかる時間短縮による継続的コスト削減など、さまざまです。製造コストや市場投入までの時間に対する効果は、モジュラーアプローチを広く使用すればするほど大きくなりますボッシュ レックスロスが新しい機能やプレスタイプを追加することで、アプリケーションの範囲や最適化の可能性が広がります。

詳細については、こちらからホワイトペーパーをダウンロードください。