Japan

該当する地域を選択

Japan
溶接コストの削減
溶接コストの削減
抵抗溶接

OEE(設備総合効率)の向上と溶接コストの削減

欧州の生産企業は、コスト面でのプレッシャーの増大と専門スタッフの不足に直面しています。そのため、生産性の向上やコスト削減が求められています。新しい溶接制御システムPRC7000は、抵抗スポット溶接中のOEE向上に役立ち、大幅なコストダウンが可能な機能を備えています。たとえば、「スパッタ低減適応制御」は、次のような問題を解決します:スパッタ低減を自動で行うことができます。このメリットの1つは、他の方法では必要となる仕上げ作業が不要になることです。

中国やインドなどのアジアの生産企業は、今までにないような低価格でサービスを提供しています。ドイツ企業にとっては、コストを最適化できなければ、生産がすぐにアジアに移るであろうことを意味します。つまり、競争力を維持するために必要な措置を取ることが重要です。

課題:コスト削減とOEEの向上

コスト削減の1つの方法は、ノウハウを外部業者に委託することです。多くの企業は、たとえば専門スタッフを十分に確保できないため、それをやむを得ないことと感じています。企業にとって技術ノウハウは重要かつ貴重なものですが、経済的な理由から外部業者に頼ることが多くなっています。

OEE(設備総合効率)を高めることもコスト削減の方法の一つです。OEEの数値は、製造における生産性を示す指標として認知されています。データは、可用性、パフォーマンス、品質という3分野で収集されます。ある特定のOEE値に大きく影響する要因を見極めることが重要です。目的は、たとえば無駄を減らすことなどにより生産性を向上させることです。ボッシュ レックスロスは、溶接制御システムPRC7000とその機能により、OEEを向上させるさまざまな方法を提供します。

エラーを迅速に修正し、再発を防止

早期かつ正確なエラー信号は、溶接制御システムの鍵であり、OEEにプラスの影響を与えます。結果として、予防措置を迅速に講じることができます。ただし目的は、単に症状に対処するだけでなく、原因を突き止めることです。PRC7000は、エラーの発生頻度を減らすため、さまざまなパラメータおよび構成の変更が可能です。

例:パンチングマシンは、未処理の板金から金属板を打ち抜きます。打ち抜きツールは最終的に摩耗します。そのため金属板がきれいに打ち抜かれず、溶接時に亀裂が入る原因となります。制御システムでは、この不自然な亀裂を認識し「前工程」のエラーを出して知らせます。あるいは、特定のスポット位置を認識するようにロボットに教えます。きれいな打ち抜きが教えられない場合、システムがこれを認識します。その結果、エラーが認識され、補正されます。

電極の長寿命化

スポット溶接電極の寿命を延ばすという方法でも、ボッシュ レックスロスの次世代溶接制御システムが、OEE(設備総合効率)の向上に役立っています。PRC7000は、電極の寿命を延ばすことができます。たとえば、電極の交換が必要になるまでの、ミリング加工サイクルを増やすことができます。また、新しい機械的信号(第7軸)と新しい適応アルミニウム/スチール2.0調整プロセスは、電極の寿命を延ばし、ミリング加工や溶接を最適化するのにも役立ちます。

スパッタ低減の自動化

溶接制御システムPRC7000のもう一つの特長は、「スパッタ低減適応制御」機能を搭載したことです。工業生産では、生産性向上のためにサイクルタイムの短縮が求められています。これは、大量生産を含む多くの分野で特に重要です。熱間圧延鋼のようなますます複雑化する溶接接合、サイクルタイムの短縮、その結果としての短いパルス​​溶接のような新しいアプローチ、そうしたものにより、ますます多くのスパッタが発生しています。溶接速度が速くなると、スパッタリング量は劇的に増加します。生産におけるスパッタは、異物混入、堆積、表面付着などの多くの問題を引き起こします。これまで、特に自動車分野では、こうした問題は事実上避けられないものであり、仕上げ作業には時間がかかることを意味してきました。

一般的に、車体部品に付着したスパッタは手作業で研磨する必要があり、生産機械に付着することもあります。「スパッタ低減適応制御」を使用すると、自動的に削減に向け制御されます。すべての適応措置は設定された範囲内で行われるため、その後の機能検証や品質保証は必要ありません。流れる電流は、必要に応じてアルゴリズムで調整されます。

ユーザーにとっては、スパッタ低減の自動化により、システムの仕上げ作業や洗浄サイクルが最小限に抑えられます。その結果、コスト削減にもつながります。本システムはPRC7000に統合されており、ライセンスを取得し使用することができます。

人工知能で迅速なプロセス決定

ボッシュ レックスロスは現在、従来の最適化手法に加えて、人工知能 (AI) 機能も開発しています。次世代の高性能溶接制御システムでは、複雑な数学的モデリングを実行することができます。このモデリングは制御システム自体で実行され、プロセス中に意思決定を行うことができます。その結果、大きな節約をもたらします。

PRC7000が提供する上述の機能や他の機能により、企業は抵抗スポット溶接プロセスをさまざまなレベルで改善することができ、結果として非常に経済的な生産を行うことができます。